クレンジングの知識

クレンジングのオイル、ジェル、クリーム、ミルク、シートの違いとは?

投稿日:

 

貴方が普段使っているクレンジングには様々な種類があることをご存知でしょうか?
それぞれオイル、ジェル、クリーム、ミルク、シートといった種類がありますが、状況に応じて使い分ける必要性があるでしょう。
それぞれにはメリットやデメリットもあるので注意しなければなりませんし、お勧め出来る人も違ってきます。

それならどのようなメリットやデメリットがあるのか知りたいですよね。
では、様々なクレンジングの種類のメリットデメリットなどをご説明します。
また、ピンポイントで役立つアイメイクリムーバーについてもご説明していきます。

クレンジングオイルは洗浄力が強い分、注意するべき?

一般的に知られているクレンジングの一つが、クレンジングオイルです。
クレンジングオイルはオイルタイプであることから、非常に滑りが良いので他のクレンジングよりも使い勝手が良いのが特徴です。

メリット

クレンジングオイルのメリットは何といっても洗浄力が強いことです。
基本的にメイクを落とす為に使われるものですが、その洗浄力の強さは皮脂による汚れや汚染物質までも落とすほどだと言われています。
何か違う用途にも使えそうなクレンジングの洗浄力が強いのは、界面活性剤が含まれているからです。

界面活性剤は汚れを落としやすくする効果があるので、効率良く様々な汚れを落とすのに適しています。
メイクの中には部位によって落ちにくい部分がある為、一部分だけ落とすのにも便利です。

デメリット

しっかりとメイクが落とせる反面、デメリットもあります。
そのデメリットとして挙げられるのが、洗浄力の強さです。
強い洗浄力はメイク落としにピッタリではありますが、洗浄力によって肌に負担をかけてしまう恐れがあるのです。

界面活性剤は肌に負担をかけやすい成分であり、さらにオイルタイプであることから滑りやすく、力を入れて擦りやすいのも欠点となり得るでしょう。
メイクだけを落とす際には工夫が必要で、扱いに慣れていないと強く擦ったりして肌を傷つけてしまう恐れがあります。
また、メイクだけでなく肌に必要な皮脂や潤いまでも落としてしまう為、肌トラブルの要因になりかねません。

クレンジングオイルを使用する際にはこういったことに注意する必要性があります。

おすすめの人

デメリットがあるとはいえ、しっかりとしたメイクを全て落とし切るのは大変です。
他のメイク落としではゴシゴシと擦ったりしてかえって肌を傷つけてしまう恐れがある為、クレンジングオイルを使った方が手っ取り早くメイク落としが出来ます。

肌に負担をかけないようにする為には逆にクレンジングオイルを使った方がいいので、毎日しっかりとメイクをするという人にお勧め出来るでしょう。

クレンジングジェルはタイプによって使い分けよう

クレンジングの種類の一つであるジェルタイプはクレンジングオイルほどの洗浄力はありませんが、ジェル特有の性質を活かしたメイク落としが出来ます。
また、クレンジングジェルには水性と油性タイプがあり、水性にはオイルフリーとオイルインの計3種類があります。

メリット

水性と油性のジェルタイプがありますが、普段からナチュラルなメイクをしている人は水性のジェルタイプを使うのが得策です。
水性なので肌に負担がかかりにくく、オイルフリーならマツエクを付けていても効率良くメイクを落とすことが出来ます。

オイルインのジェルは界面活性剤や油分が含まれているので肌への負担が気になるところですが、クレンジングオイルほどではないので使い方に気を付ければ問題なくメイク落としが可能です。
水性ジェルタイプは療法とも洗顔でサッと洗い流すことが出来る為、メイク落としに時間がかかりにくいのもメリットです。

油性ジェルタイプの場合、オイルをジェル状にしていることから水性タイプよりもメイクを落とすのに適しており、オイルがメイクを浮かして落としやすくしてくれます。
オイルなので肌に負担を与えないか心配になるかもしれませんが、ジェルタイプなので肌への摩擦が少ないので比較的負担を与えずにメイクが落とせます。

デメリット

それぞれにメリットがありますが、デメリットがあるのも忘れてはいけません。
3種類の中でもメイクが落ちにくいのはオイルフリーのジェルです。
マツエクをしている人でも使える性質上、そこまでの洗浄力が期待出来ない傾向にある為、ごく薄いメイクをしている場合に限られるでしょう。

オイルインの水性ジェルも同様に使い方次第でメイクの落ちが悪くなる可能性があります。
また、油性のジェルタイプは水性のジェルよりも費用がかさみやすく、マツエクをしている人には向きません。
油性なので強く擦るとジェルタイプだとしても肌に摩擦を与えてしまう恐れもあります。

おすすめの人

マツエクと付けているならオイルフリーの水性ジェル、ナチュラルメイクならオイルフリーの水性ジェル、しっかりとしたメイクなら油性ジェルタイプがそれぞれお勧め出来ます。

クレンジングクリームは肌への刺激が弱いのでお勧め?

クレンジングの種類の一つであるクリームの特徴は総じて肌への刺激が弱いことにあります。
水とオイルの配合のバランスがいいことから使いやすいメイク落としの一つとなるでしょう。

メリット

先ほど説明した通り、クレンジングクリームの最大のメリットは肌への刺激が弱いということです。
肌への刺激の度合いは直接肌トラブルに繋がるといっても過言ではないので、肌への負担が気になる人はクリームタイプを使うのが望ましいでしょう。

肌への刺激が弱いだけでなく、中にはマッサージも同時に行うことが出来るものもあります。
クレンジングと同時にマッサージが行える為、肌の状態を保つのに一役買ってくれるでしょう。
基本的に保湿効果が高いので、肌に潤いを持たせることも可能です。

デメリット

クレンジングクリームの最大のデメリットは洗浄力の弱さです。
肌への刺激が弱いということは、それだけメイクを落とすのに必要な成分があまり配合されていないということです。
よって普段からしっかりとメイクを行っている人にとっては扱いづらく、どうしても力を入れて擦ることになってしまう恐れがあります。

また、クリームタイプの性質上、多少なりともべたつきがあるのも気になるところです。
クレンジングクリームで落とし切れなかったメイクは洗顔などで落とす必要性がある為、面倒な上に力を入れて擦りやすいので注意が必要です。

おすすめの人

肌への刺激が弱いことから、敏感肌などの肌が弱い人に非常に適していると言えるでしょう。
クレンジングオイルなどの洗浄力が強いメイク落としは肌に刺激を与えて肌トラブルを起こしやすくなってしまう為、クリームタイプなら安心して使うことが出来ます。

クレンジングミルクはクリームの次に肌に優しい

クレンジングミルクはクリームと同様に肌に優しいタイプであり、肌が弱い人にお勧め出来るものです。
ただし、その分デメリットもあるので注意しましょう。

メリット

クレンジングミルクのメリットはクリームタイプとほぼ同じであり、肌への刺激が弱いことから肌が弱い人が使うのに適しています。
同時に肌の保湿も出来ますし、肌に馴染みやすいので薄いメイクであれば短時間でメイク落としが出来るでしょう。

デメリット

クレンジングクリームと同様に肌に優しい分、濃いメイクを落とすのには向いていません。
洗浄力が弱いということで少しでも濃いメイクを落とす際に時間がかかることがほとんどで、洗顔後も少しミルクが残っているような感じになりやすいです。

おすすめの人

洗浄力が弱く、肌に優しいので普段からナチュラルなメイクしかしない人や敏感肌などの肌の弱い人にお勧め出来ます。

クレンジングシートはどこでも使える優れもの

クレンジングシートとは既にシートにクレンジングが出来るようにローションを染み込ませているものです。
他のクレンジングとは違う特徴がある為、使いこなせば非常に便利なものになるでしょう。

メリット

クレンジングシートの最大のメリットはいつでもどこでも使え、比較的洗浄力が強いことです。
シートでメイクを落としたい部分を擦るだけなので他のクレンジングよりも手軽であり、時間がない時でも活用出来ます。
ミルクタイプやクリームタイプなどの洗浄力が弱いクレンジングで落としきれなった部分は、シートで落とすのも得策です。

デメリット

時短でメイク落としが出来るものの、緊急時などに使うのが無難です。
何故なら、どんなに忙しくても洗顔で肌に残ったクレンジング成分を落とす必要性があるからです。
クレンジング成分が肌に残ったままだと肌トラブルの原因となる為、緊急時以外は他のクレンジングを使った方が良いでしょう。

また、もう一つ問題になりやすいのがシートで顔を強く擦ってしまう可能性があるということです。
メイクを落とそうとするあまり、シートで力入れて擦ると肌が傷つく恐れがあるので力加減には十分に注意する必要性があります。

おすすめの人

基本的に敏感肌などでなければどんな人でもお勧め出来ますが、特にお勧めなのはどうしても時間がない時や他の方法でメイクを落とすのが面倒な時などです。
使い方に気を付ければ十分にメイクが落とせる為、くれぐれも力加減には注意しましょう。

アイメイクリムーバーとは?

顔全体ではなく、部分的なメイク落としがしたいという人はアイメイクリムーバーを使用するのがお勧め出来ます。

メリット

アイメイクリムーバーのメリットは、何といってもピンポイントでメイクを落とすことが出来るということです。
クレンジングミルクやクリームのような洗浄力の弱いクレンジングではどうしても落としにくい箇所が出てきてしまいますし、力を入れて擦るわけにもいきません。

そんな時にはアイメイクリムーバーを使用することにより、アイシャドウやマスカラといったピンポイントで落としたい箇所を効率良く落とすことが出来ます。

メイクが落ちやすい順番は?

クレンジングオイル>アイメイクリムーバー>クレンジングシート>クレンジングジェル>クレンジングミルク>クレンジングクリーム

使い方に気を付ければ非常に役立つ!

様々なクレンジングの中でも一番メイクを落とせるのはクレンジングオイルの他にありません。
使い方にさえ気を付けていれば効率良くメイクを落とすことが出来る為、非常に活用出来るでしょう。

ただ、元々ごく薄いナチュラルメイクをしている人に対してクレンジングオイルのような洗浄力の強いものを使う必要性はありません。
薄いメイクだとかえって肌に負担をかけてしまう為、クレンジングミルクやクリームのような洗浄力の弱いものを活用しましょう。

肌に優しい順番は?

クレンジングクリーム>クレンジングミルク>クレンジングジェル>クレンジングシート>アイメイクリムーバー>クレンジングオイル

肌に優しくても油断は禁物!

肌に与える刺激が少なく、優しいものと言えばクレンジングミルクやクレンジングクリームがおすすめです。
ですが、いくら肌に優しいといっても使い方を間違ってしまうと肌に刺激を与えることになります。

メイクを落とそうとするあまり、ゴシゴシと力を入れて擦ってしまうのはNGです。
どんなクレンジングを使用する場合でも、絶対に力を入れて擦るのは止めましょう。

さいごに

クレンジングには様々な種類があり、それぞれ様々な特徴があります。
それぞれの特徴を理解し、正しく使用することで難なくメイクを落とすことが出来るでしょう。

アイメイクリムーバーを使用する際には、最初に全体的にクレンジングを行い、アイシャドウやマスカラなど落としにくい箇所をピンポイントで使うようにすれば、洗浄力の弱いクレンジングを使っていても効率良くメイクが落とせます。

-クレンジングの知識
-, , , , , ,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.