クレンジングの使い方

クレンジングオイルの使い方とは?メリットやデメリットを解説!

投稿日:

 

貴方はクレンジングオイルではなく、他の方法でメイクを落としていませんか?
クレンジングオイルを使ったことがないという人は、使わないのがもったいないと言えるほどのメリットを逃しているかもしれません。

メイク落としを効率良く行いたい人などは、是非ともクレンジングオイルを有効的に使ってみてはいかがでしょうか。
そこで、クレンジングオイルにはどのようなメリットやデメリットがあるのかなどをご説明します。
これを機に正しくクレンジングオイルを使っていきましょう。

クレンジングオイルってそもそも何?

クレンジングオイルとは油性のメイク落としに使われるオイルの一つであり、様々なクレンジングの中でも一番メイクを落としてくれるものです。
クレンジングオイルならではのメリットがあるのでメイクを落とすたびに使いたくなりますが、メリットがある反面気を付けておきたいデメリットもあるので注意しましょう。

クレンジングオイルのメリットは?

クレンジングオイルの最大のメリットは、メイクを落とすのに特化した洗浄力の強さです。
数々のクレンジングの中でも一番洗浄力が強いといっても過言ではなく、通常のメイク落としでは落とすのに苦労したケースでもクレンジングオイルを使うことであっという間にメイクが落とせます。

特にメイクの種類や部位によってはなかなか落とし切れず、ついゴシゴシと擦ってしまいがちです。
ですが、ゴシゴシと力を入れて擦ってしまうと肌に強い刺激を与えて大きな負担をかけることになる為、肌トラブルの原因となるでしょう。
そんな時にクレンジングオイルを使うことにより、ゴシゴシと擦ることなく効率良くメイクを落とすことが出来るのです。

クレンジングオイルのデメリットは?

一番強い洗浄力を持つとされるクレンジングオイルですが、その洗浄力の強さが逆にデメリットになることがあります。
洗浄力が強いということはそれだけ肌に与える刺激が強いということなので、あまり多量を使っているとメイクを落とすだけなのに余計な刺激を与えることになるでしょう。

また、メイクだけでなく肌に必要な皮脂や潤いまでも洗い流してしまう為、乾燥肌になる恐れがあります。
過剰に使用する分だけ肌トラブルの原因となってしまう為、使い方に注意する必要性がありますね。

クレンジングオイルはどういう人におすすめ?

クレンジングオイルは通常のメイク落としでは落としきれないメイクまでも落とすことが出来ます。
特に落としにくいのは油性のメイクなので、普段から油性のメイクを行っている人にお勧め出来ます。
ポイントメイクや皮脂が過剰に分泌されている場所を落とす時にも活用出来る為、他のメイク落としと併用して使うことで効率良くメイクを落とすことが可能です。

クレンジングオイルの使い方の手順とは

クレンジングオイルはメイク落としに適しているとはいえ、使い方を間違えてしまうと効率良くメイクを落とすことが出来ません。
そこで、クレンジングオイルの正しい使い方の手順を説明します。

手を清潔にして、ポイントメイクを先に落とす

クレンジングオイルを使う上で重要なのは、両手を清潔にしておくことです。
清潔ではない手には多くの雑菌が付着している為、そのままメイクを落とそうとすると雑菌が肌に付着してしまい、様々な肌トラブルの原因となり得るでしょう。
よってどんな時でもメイクを落とす際には手を清潔にしてから行うことが大切です。

次に、落としにくい部分を先に落とします。
落としにくい部分以外は簡単に落とせてしまいますが、落としたメイクが混ざったオイルで他の部位を落とそうとしてもなかなか上手くいきません。
落とすまでに時間がかかりやすくなるので肌に負担をかけてしまう為、先にポイントメイクだけを落とすのがコツです。

乾いた手のひらにオイルを出し、時間をかけずに肌に馴染ませる

クレンジングオイルを使用する上で大切なのが、乾いた手のひらにオイルを出すことです。
塗れた手にオイルを出すと、水分とオイルが混ざってしまうので効率良くメイクを落とすことが出来なくなります。

次に皮脂の分泌量が多いTゾーンから先にオイルを馴染ませていきます。
決して擦らず、固まらないように時間をかけすぎないようにするのがポイントです。

仕上げにクレンジングオイルを落とす洗顔を行う

仕上げに洗顔を行うのですが、この時に使うのはぬるま湯がベストです。
熱すぎると肌が乾燥する原因となりますし、冷たすぎるとメイクが落としきれなくなる可能性があります。

次によく泡立てた洗顔料を使って汗やほこり、クレンジング料を落としていきます。
肌に残ったクレンジング料をそのままにしておくと、肌トラブルを起こす原因の一つとなるので、擦らずにしっかりと落としましょう。
洗顔料を肌に馴染ませた後は、洗い残しがないように満遍なくすすぐことが大切です。

また、洗顔後は肌がダメージを負いやすい状態になっている為、水分を拭き取ろうとするあまりタオルでゴシゴシと擦るのはNGです。
清潔なタオルで水分を吸わせるように優しく拭き取っていくのがポイントです。

クレンジングオイルの乳化って何?

クレンジングオイルを使用する際に乳化させる方法があります。
これはクレンジングオイルと水を少し混ぜることで、透明だったオイルが白くなることを乳化と呼びます。

乳化させるのは洗顔を行う時に綺麗に洗い流しやすくする為の方法で、ゴシゴシと擦ることなくクレンジング料を落とす為に行うものです。
乳化させるタイミングは洗顔させる前で、顔全体に塗って軽く馴染ませてから洗顔を行うのがポイントです。

クレンジングオイルを使う時の注意点は?

クレンジングオイルは肌に与える刺激が強い為、余計な肌トラブルを発生させない為にも様々な注意点があります。

決して強く擦らないこと!

クレンジングオイルを使う時には決して強く擦らないことが大前提です。
メイクを落とそうとして強く擦ってしまうと肌に刺激を与えることになり、肌トラブルの原因となります。
特にクレンジングオイルは非常に滑らかで滑りやすい為、つい力を入れて擦ることがありがちです。

決して強くマッサージをしたり力を入れて擦らないように注意しましょう。

本当にメイクが落ちにくい部分にだけ使おう!

クレンジングオイルを使う際には本当にメイクが落としにくい部分にだけ使うように注意しましょう。
部位に関係なく顔全体に塗っていくと簡単にメイクが落ちる部分に刺激を与えることになり、他の部位のメイクを落としている間に時間が経ってしまいます。

メイク落としとして使うなら顔全体ではなく、優先的に落としにくい部分に使うのがベストです。

さいごに

様々なクレンジングの中でもクレンジングオイルは洗浄力が強いことがメリットであり、デメリットでもあります。
クレンジングオイルの性質を知らずに適当に使ってしまうと、ただメイクを落としているだけなのに余計な肌トラブルまでも引き起こしてしまう恐れがあるでしょう。

クレンジングオイルは落としにくいメイクを落とす時に使い、それ以外は他のクレンジングを使うのがおすすめですね。

-クレンジングの使い方
-,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.