クレンジングの使い方

水クレンジングとは?使い方は?デメリットは何かあるの?

投稿日:

 

貴方は数あるクレンジングの方法の一つである水クレンジングという言葉を聞いたことがありますか?
まさか水でクレンジングするの?……と思われるかもしれませんが、これも立派なクレンジング方法の一つであり、メイク落としに役立ちます。
そんな水クレンジングには他のクレンジング剤にはない様々なメリットや特徴があります。

そこで、水クレンジングの特徴やメリット、デメリットなどについてご説明します。

水クレンジングって何?

水クレンジングとはウォータークレンジングと呼ばれるもので、水でクレンジングを行うものではなく、コットンにローションタイプのクレンジングを染み込ませて使用するものです。

水クレンジングの特徴

リキッドクレンジングに分類される水クレンジングの特徴は何といっても、クレンジングした後の洗顔が必要ないものが多いことです。
基本的にクレンジング剤は肌に残ったままだと肌トラブルを引き起こす恐れがあるので洗顔を行う必要性がありますが、水クレンジングでは洗顔を行う必要性がないものがあるのでクレンジングの時短が出来ます。

さらにもう一つの特徴として、化粧水と同等の効果が得られることが挙げられます。
ただし、化粧水でメイクを落としているのではなく、あくまで本来の化粧水の役目を一手に担うわけではないので注意が必要です。

水クレンジングのメリット!

水クレンジングには界面活性剤が含まれている為、リキッドクレンジングと同じような洗浄力を兼ね備えています。
それ以外にも様々なメリットがあるので、ご説明していきます。

濃いメイクでもスルッと落とせる!

濃いメイクをした時に問題になるのが、どうやって落とすかです。
時間をかければ全て落とし切れるかもしれませんが、擦れば擦るほど刺激を与えてしまうので肌トラブルの元になりかねません。

そこで水クレンジングが役立ちます。
コットンの水クレンジングを染み込ませて濃いメイクの部分を拭き取るだけであっという間にメイクを落とすことが出来ます。
これは水クレンジングに含まれている界面活性剤による洗浄力の強さによって実現出来るものなので、クレンジングに時短を求める人にとって非常に効率の良い方法だと言えるでしょう。

しかも商品によってはその後の洗顔が必要ないので面倒くさがりな人でも手軽にクレンジングが出来ます。
もちろん洗顔が必要ないかどうかは商品によって違うので、必ず洗顔が必要かどうか確認してください。

多くの役割が一つになる水クレンジング!

水クレンジングのメリットとして、メイク落とし、洗顔、保湿を1つで行うことが挙げられます。
一般的なクレンジング剤ではそれぞれを別々に行わなければなりませんでしたが、水クレンジングの場合だとこれ一つでメイク落としや洗顔、保湿を同時に行えるのです。

単にメイクを落とすだけでなく、落とし切れなかったメイク汚れや界面活性剤までもコットンで拭き取ることが出来るのでその後の洗顔を行う必要性はありません。
多くの保湿成分も含まれているのでメイクを落とした際に乾燥させることなくしっかりと保湿出来ます。

まつエクしててもメイク落としが出来る!

水クレンジングは水が主成分であり、オイルフリーとなっているので油分に弱いまつエクをしている人でも問題なく使えるメリットがあります。
まつエクをしている人にとって問題となりやすいのが、メイク落としの為に使うクレンジングです。
洗浄力が強いクレンジングオイルは役立ちますが、主成分が油分なのでまつエクを接着させる為のグルーまでも落としてしまうので長持ちしません。

したがって油分が含まれていない水クレンジングならまつエクをしていても接着剤が取れる心配がないので安心してクレンジングが出来るのです。

水クレンジングのデメリット

様々なメリットがある水クレンジングですが、デメリットもあるので注意が必要です。
特に水クレンジングには界面活性剤が含まれているのでメリットであると同時にデメリットにもなり得ます。

では、どんなデメリットがあるのかをご説明します。

界面活性剤は取り扱いに気を付けないとデメリットになる?

上記で説明した通り、水クレンジングには界面活性剤が含まれています。
界面活性剤が含まれていることで目元の落としにくいメイクまでもスルッと落とすことが出来ますが、問題なのはコットンで拭き取る際に摩擦が発生することです。

界面活性剤は肌に刺激を与えやすいものなので、メイクを落とそうと強い力で越するようにしているとかえってシミやくすみといった肌トラブルを引き起こす原因となります。
したがって水クレンジングを使用する際にはコットンに大量の水クレンジングを含ませ、上からサッと擦るだけにしましょう。

水クレンジングを使用する時の方法やコツは?

水クレンジングのメリットとデメリットが分かったところで、次に使い方とコツをご説明します。
水クレンジングを選ぶ時にもコツがあるので、これから使うという時に役立ててくださいね。

水クレンジングは配合されている界面活性剤で選ぼう!

水クレンジングに配合されている界面活性剤は何も1種類だけというわけではありません。
界面活性剤が何種類配合されているかでメイクの落とし具合が変化するので、まずは成分表を確認してみましょう。

もしも短時間で効率良く落としたいのであれば、様々な種類の界面活性剤が多く配合されている水クレンジングがお勧めです。
反対に少し時間をかけてでも丁寧にメイク落としがしたいのであれば、配合されている種類が少ない界面活性剤の水クレンジングを選びましょう。

界面活性剤の量や配合されている種類が多くなるほど肌に負担をかけてしまいやすいので、使用する時には十分に注意するべきです。

水クレンジングは様々な用途に使える!

・メイク落とし

・拭き取り化粧水

・洗顔

水クレンジングには以上のような様々な用途に使える優れものです。

メイク落としとして使うのであれば、コットンの上に水クレンジングを多く含ませ、落としたいメイクを拭き取るだけでOKです。
それを2.3枚ほど繰り返すだけであっという間にメイクが落とせます。
非常に短い時間でクレンジングが出来るので、メイクを落とした後はいつものスキンケアを行うだけで完了です。

拭き取り化粧水として使う場合、化粧水を使用する前に肌を拭き取る為に使用します。
水クレンジングの種類によっては洗顔が必要となりますが、洗顔した後の肌には様々な汚れが残っている状態でもあります。
その状態で化粧水を使用しても得られる効果が薄くなるだけなので、先に水クレンジングを含ませたコットンで汚れを拭き取るだけで化粧水による効果が思う存分発揮されるでしょう。

そして水クレンジングは洗顔代わりとしても使用出来ます。
特に洗顔が必要ない水クレンジングがこのタイプに当てはまるので、朝忙しくて洗顔をしている暇がないという人にお勧め出来るでしょう。
いずれの方法も水クレンジングをコットンに含ませて拭き取るだけでOKです。

さいごに

水クレンジングはメイク落としとして利便性が高いだけでなく、時短が出来るものとして非常に重宝するものです。
化粧水や洗顔の役割を果たしてくれるものあるなど、様々な面で利用しやすいのではないでしょうか。

-クレンジングの使い方
-, ,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.