クレンジングの使い方

まつげエクステを長持ちさせるクレンジング方法や仕方とは?

投稿日:

 

基本的にクレンジングはメイク落としに使われるもので、種類によっては落としにくいメイクを落とすことが出来る方法として非常に便利です。
しかし、まつエクをしている場合だといつも使っているクレンジングが使えないことがあります。

まつエクをしていても使えるクレンジングがあるならとてもありがたいですが、その場合だとどのように使えばいいのか分かりませんよね。
そこで、まつエクをしている状態でクレンジングを行う際の方法や注意点などをご説明します。
やり方に気を付ければまつエクをしていても問題なくメイクが落とせるでしょう。

まつげエクステをしている状態でクレンジングを行う時の注意点とは?

まつエクをしているとなると、当然いつも通りのクレンジング剤を使用するだけでは様々なデメリットが発生することになってしまいます。
では、まつエクをしている時にクレンジングを行う時の注意点とは何なのでしょうか。

まつげエクステをしている状態で目元を擦るのはNG!

通常、目元のメイクを落とす為には多少なりともクレンジングで目元を擦ることになります。
実際、どんなに擦らなくてもいいとされているクレンジング剤でも目元を触らないと落としにくいメイクを落とすことが出来ません。

しかし、まつエクをしているなら話が違ってきます。
まつエクをしている状態でいつも通りクレンジング剤を使ってメイクを落とそうとすると、目元に刺激を与えてしまうのでまつエクが早めに取れてしまうのです。

特に肌への負担を気にして洗浄力が弱いクレンジング剤を使っている人ほど目元をゴシゴシと擦ってしまいがちなので注意しましょう。
しかし、洗浄力が強いからといってクレンジングオイルのような親油性が高いクレンジングはお勧め出来ません。
クレンジングによってはまつエクに負担をかけてしまいますし、効率が悪いことになってしまうのでクレンジング剤選びに注意する必要性があります。

何故クレンジングオイルはおすすめ出来ないの?

確かにクレンジングオイルは洗浄力が強いので目元のメイクを落とすのに向いているのですが、まつエクをしている状態ではお勧めすることは出来ません。
何故なら、まつエクをつける時にグルーと呼ばれるもので接着しているからです。
グルーは油性である為、同じ油性のクレンジングオイルだとメイクと一緒にグルーまで落としてしまう可能性が高いのです。

接着の役目を果たしているグルーまで落としてしまってはまつエクを長持ちさせるどころの話ではないので、クレンジングオイルなどの洗浄力の強いクレンジング剤や油性のクレンジング剤を使うのは避けましょう。

長持ちするクレンジングの方法とは?

まつエクをしている状態でもクレンジングの方法に気を付ければ、きちんと長持ちさせることが出来ます。
是非とも正しいクレンジング方法を覚えてまつエクを長持ちさせましょう。

まつげエクステをしている時にお勧め出来るクレンジング剤とは?

上記で説明した通り、クレンジングオイルは洗浄力が強く、油性なのでまつエクが取れる最大の原因となります。
メイクは落とせてもまつエクが取れてしまっては意味がないので使わないようにしましょう。

使う際にお勧め出来るのは水溶性でオイルフリーのクレンジングです。
水溶性なら水ですすぐだけで簡単に落とせますし、オイルフリーなのでグルーと混ざり合う心配がないことからまつエクが取れにくいです。
ただし、まつエクをしたその日からクレンジング剤が必要になる為、安さだけを追求してはいけません。

自分に合ったクレンジングでないと何かしらの問題が生じる可能性がありますし、使い続けるものだからこそ使い続けられるクレンジングを選んで使いましょう。

自分に合ったクレンジング剤でも擦るのは極力控えよう

例え自分に合った使い心地のいいクレンジング剤でも、使用する際に目元を擦るのは出来る限り止めましょう。
例えば目を擦ったり目元のメイクを落とそうと擦るだけでもまつエクに刺激を与えてしまう為、徐々に耐久力が失われていきます。

したがってクレンジング剤を使用する際にはなるべく擦らず、優しくメイクを落とすようにしましょう。
また、まつエクをつけたら丸1日は放置してください。

何故なら、まつエクの施術が終了してから数時間はグルーが渇きませんし、完全に定着するまで長い時間が必要だからです。
施術直後のまつエクはデリケートなものなので、例え数時間経っていてもクレンジングを行ってしまうとあっという間に取れてしまうでしょう。
また、途中で水に濡れたりすると取れやすくなるので、プールやお風呂に入る時はあまり長時間入らないようにするか、こまめに水分を拭き取る必要性があります。

クレンジングを行う際には丸1日放置してから行うのがベストです。

洗顔時や洗顔後にも気を付けることがある!

まず、洗顔する時には目元を中心にゴシゴシと擦らないようにしましょう。
まつエクをつけて1日経っているなら濡れても大丈夫ですが、その際に擦ってしまうとまつエクが取れる原因になります。

問題なのは自分のまつげが伸びてきた時にまつエクも伸びた方向に曲がることで、その時に擦るとまつエクが折れ曲がったり取れる原因となります。
よって洗顔時には極力触れないのはもちろん、触れても擦らないようにしてください。

また、洗顔後のアフターケアに気を付けるだけでまつエクがさらに長持ちします。
特に気を付けておきたいのは、目元を拭き取る時です。
目元を拭き取る時はタオルではなく、ティッシュで拭き取るようにしましょう。

まつエクは繊維に絡んでしまうことが多いので、コットンやタオルなどの繊維があるものを使うとまつエクが絡んで曲がる恐れがあります。
ティッシュであれば絡むことなく目元が拭けるので、まつエクを長持ちさせることが出来ます。

さいごに

まつエクをしているのとしてないのとではクレンジング方法も注意点も大きく変わります。
普段から行っているクレンジング方法ではまつエクが取れてしまう恐れがあるので、まつエクに合わせた正しいクレンジングを行うように心がけましょう。
目元を擦らない、繊維のあるものを使わないなど全ては目元に気を遣うことで長持ちします。

まつエクを長持ちさせることが出来れば様々なメリットがあるので、是非とも長持ちさせましょう。

-クレンジングの使い方
-, , ,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.