クレンジングの知識

クレンジングオイルを乳化させるにはどうしたらいい?やり方は?

投稿日:

 

クレンジングオイルといえば様々な種類のクレンジングの中で最も洗浄力が強く、落としにくいメイクを瞬く間に落とせる非常に便利なクレンジング剤です。

洗浄力が強いということで使う時には工夫が必要になることもありますが、基本的に役立つクレンジング剤として重宝するでしょう。

しかし、クレンジングオイルを使う上での問題は、短時間で洗い流すのが難しいという点です。
洗い流し切れなければ肌トラブルの元になりますし、かといってメイクを落とさないのも様々な肌トラブルを発生しまう原因となります。

そこで役立つ方法として、『乳化』が挙げられます。
今回はその『乳化』とは何か、乳化させることでどんなメリットがあるのかなどをご説明します。

そもそも乳化って何?

クレンジングオイルを使うなら乳化がお勧めだと言われることが多いですが、そもそも乳化とはどういった特徴があるのでしょうか?

乳化はクレンジングオイルを洗い流しやすくする為の方法!

乳化とはクレンジングに含まれる油分と水分が混ざり合うことで白く濁る現象のことです。
どのクレンジングでも油分が含まれていれば乳化させることが出来ます。

実は界面活性剤はメイクを落としやすくするだけでなく、乳化させることを目的に配合されているので、そのまま使用するよりも乳化させた方が使いやすいということになるのです。

なぜ乳化させる必要性があるの?

そもそもクレンジングオイルは通常のメイク落としでは落とせないようなメイクまでも落とせるのが最大の特徴です。
メイクは基本的に油分で出来ているので水では洗い流しにくい為、同じ油分が含まれているクレンジングオイルを使った方が手っ取り早く落とすことが出来ます。

しかし、水は水でしか洗い流せないのと同じで、油分は油分でしか洗い流せません。
無理矢理水で洗い流そうとしてもなかなかクレンジングが落ちず、肌を強く擦ってしまう恐れがあります。

また、界面活性剤が多く含まれている為、メイクだけでなく肌の皮脂や水分なども余計に落としてしまいやすく、肌トラブルの原因にもなりかねません。
いくら安全性が高いとはいえ、肌の潤いまで失ってしまっては意味がありませんよね。

そこで乳化を行うことにより、これらのデメリットを軽減させることが出来ます。

乳化させないとどうなる?

乳化させた方が様々なメリットがあるとはいえ、乳化させるのが面倒に思う人も中にはいるでしょう。

ですが、乳化させないことで多くのデメリットが発生する可能性があるので注意が必要です。

乳化させないことで起こり得るデメリット

クレンジングオイルを乳化させないということは、メイクを落とした後にそのまますすぐことになります。

クレンジングオイルは元々非常に滑りやすいので力を込めなくてもメイクを落とすことが出来るのがメリットです。
しかし、力を込めなくてもいいとはいえ、滑りが良すぎると自然と力が入ってしまい、肌を擦ってしまうケースが後を絶ちません。

クレンジングオイルに限らず洗浄力が強いものは力を込めてしまうと肌の潤いまでも洗い流してしまいます。

また、すすぎ洗いの時間が長くなったり、クレンジングオイルやメイクが肌に残る可能性があるのもデメリットです。

上記で説明した通り、クレンジングオイルは油分が多く含まれていることから水で洗い流すのが大変です。
なのでオイルを流そうとすすいでもなかなか落ちず、つい力を入れて擦ってしまったり摩擦の回数が増えてしまいます。

さらにすすぎでなかなか落ちないことから、全部洗い流したと思っていても肌にオイルやメイクが残っている可能性もあります。

肌にオイルやメイクが残っていると様々な肌トラブルの原因となる為、これらのデメリットを避ける為にも乳化が欠かせないのです。

乳化させるメリット!

乳化させるメリットとして挙げられるのが、

・すすぎ洗いの短縮

・オイルやメイクが肌に残りにくい

・肌を擦らなくてもオイルやメイクが落ちやすい

以上の3つです。

特にありがたいのは乳化させることによって油分と水分が混ざり合う為、すすぎでオイルやメイクが簡単に洗い流せるということです。
簡単に洗い流せるということは摩擦の回数を減らすことに繋がるので、より肌にダメージを与える心配がなくなります。

したがってメイクやオイルを簡単に洗い流すには乳化させた方が余計に潤いを失う心配がなく、肌トラブルに繋がる可能性を可能な限りなくすことが出来るのです。

クレンジングオイルを活用するなら、是非とも乳化させてみましょう。

とっても簡単な乳化のやり方をご紹介!

クレンジングオイルを乳化させるといっても複雑な作業を行う必要は全くなく、誰でも簡単な方法を行うだけで乳化させることが出来ます。

では、その乳化させる方法をご説明します。

乳化のやり方!

基本はクレンジングオイルと水を馴染ませるだけです。

クレンジングオイルを肌に馴染ませた後、すすぐ前に水を馴染ませるだけで簡単に乳化することが出来ます。

まず、クレンジングオイルをメイクを馴染ませていきます。

次に、オイルがついた指先や手のひらに水をほんの少しだけ混ぜます。
この時に混ぜるのはほんの数滴です。

あまり多く混ぜようとすると乳化しにくくなってしまうので気を付けましょう。

水を数滴ずつ混ぜていってオイルが白っぽくなったら乳化した証拠です。
このまま肌に馴染ませていき、肌全体が乳液を使ったように白くなったらすすぎましょう。

たったこれだけの作業で様々なメリットの恩恵を受けることが出来ます。

乳化させる時の注意点

乳化させる際にはいくつかの注意点があります。
その注意点として、

・出来る限り擦らない

・手や顔は濡らさないでおく

・ぬるま湯ですすぐ

以上の3つが挙げられます。

乳化したオイルを馴染ませる時に注意しておきたいのが、乳化はあくまでクレンジングオイルを洗い流しやすくする為の方法だと思うことです。

乳化させたオイルを馴染ませようとゴシゴシと擦ったところでさらにメイクの落ちが良くなるわけではなく、単に肌を擦るだけなので負担をかけてしまうでしょう。

もし乳化させてすすいでもメイクが残っている場合はクレンジングとの相性が悪い可能性もある為、乳化以前に使用するクレンジングを見直した方がいいかもしれません。

また、クレンジングや乳化を行う前に手や顔の水分を拭き取っておくことも大切です。
既に顔や手が濡れていると、それだけでメイクの落ちが悪くなり、摩擦の回数を増やすことになりかねません。

さらにすすぎの際に使う水は熱すぎても冷たすぎても駄目です。

熱すぎると毛穴を開かせてしまいますし、冷たすぎても毛穴を引き締めてしまい、まだ洗い流せていないオイルやメイクを閉じ込めてしまいます。

ぬるま湯の方がメイクやオイルをすすぐのにちょうどいいので、人肌の温度を心がけましょう。

さいごに

クレンジングオイルを活用する上で欠かせないのが乳化です。
乳化はクレンジングオイルのデメリットを無くしてくれるといっても過言ではなく、非常に役立つ方法だと言えるでしょう。

手順や気を付けておきたいポイントを押さえていれば誰でも簡単に出来ることなので、クレンジングオイルを活用するなら覚えておいて損はありませんね。

-クレンジングの知識
-, ,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.