クレンジングの知識

手元にクレンジングがないときは何で代用すればいいの?

投稿日:

 

帰ってきてすぐにクレンジングを行いたいのに、手元にない……!

そんな時に何か別のもので代用出来るのであれば、非常に助かりますよね。

「たった1日程度ならメイクを落とさなくても大丈夫!」

……という甘い考えは捨ててしまいましょう。
メイクを落とさずにそのままにしているのは肌にとって危険なので、代用出来るものがあれば積極的に使っていきたいところです。

意外なものでメイク落としが可能なら、クレンジングがない状況になっても安心出来るかもしれません。
そこで、手元にクレンジングがなかった時に代用出来るものについてご説明します。

クレンジングがない時に代用出来るものの数々!

もしもクレンジングが手元になくて困った時、意外なものでメイクを落とすことが出来ます。
その意外なものとして挙げられるのが、

・スキンケアオイル

・化粧水や乳液

・食用油

・手ぬぐい

……などが挙げられます。

代用品を使い続けても大丈夫?

以上に挙げた代用品はクレンジングがない時に非常に役立つものではありますが、これらはあくまで代用品として考えてください。

メイク落としと言えば、やはりクレンジングの方が機能的にも安全性においても勝る為、代用品を使い続けるというのはあまり得策ではありません。
特に敏感肌や乾燥肌の人にとっては代用品が肌に合わない可能性も大いにある為、むやみに使わない方がいいかもしれません。

しかし、メイクを落とさないよりかは遥かに良いので、クレンジングが手元にない時の最終手段として代用品を使っていきましょう。

クレンジングの代用品にもなる万能のスキンケアオイル!

メイクは元々油分で出来ているので、同じ油分が含まれている代用品で賄うことメイクを落とすことが出来ます。

代用品となるスキンケアオイルには様々な種類がありますが、天然素材で作られているオイルには多くのメリットがあります。
ハンドクリームやボディオイルなどの代わりにも使える他、メイク落としにも使えるなど使用用途が広いのが特徴です。

特に便利なのは落ちにくいマスカラまでも落とすことが出来る為、クレンジングの代用品としては申し分ありません。

使い方はいたって簡単。
通常のメイク落としのようにスキンケアオイルを馴染ませたら洗顔をして、しっかりとすすぐだけでOKです。

化粧水や乳液は単なる保湿化粧品ではない!

スキンケアには欠かせない化粧水と乳液ですが、これらの化粧品でもメイクを落とすことが出来るのをご存知でしたか?
ただし、濃いメイクまでは落とせないので過度な期待はしない方が良いでしょう。

乳液を使うのはクレンジングがなければスキンケアオイルもなかった時です。
乳液は濃いメイクではない限り多くのメイクを落とすことが可能であり、緊急用として非常に役立ちます。

スキンケアオイルほどではありませんが、乳液には油分が含まれていることからメイクを効率良く落とすのに向いています。
しかし、汗や水で落ちにくいウォータープルーフタイプの化粧品などを使っている場合はどうしても乳液では落とせないので、負担をかけない為にも別のもので代用する必要性があるでしょう。

対して化粧水には油分が含まれていないのでしっかりとしたメイクを落とす効果は期待出来ませんが、近所に出かけた時のような軽いメイク程度であれば化粧水でも落とすことが可能です。

化粧水を使う際にはコットンに馴染ませてから肌の上に乗せるような感じでメイクを落とすのがコツです。

食用油を使うなら良質な油で!

食用油といえばサラダオイルやオリーブオイルといった種類がありますが、この時に使うのはエキストラバージンオイルなどの良質な油にしましょう。

どの種類でも油分が含まれているのでメイク落としに役立ちますが、質の悪いものだと肌に余計な負担をかけてしまいます。
したがって良質な食用油を使った方が肌に負担を与えることなくメイクを落とすことが出来ます。

特に台所にあることが多いサラダオイルでもメイクを落とすことが出来ますが、肌に刺激を与えるような不純物が含まれているのでなるべく使わないようにしましょう。

基本的に使ってもいいのは良質なオリーブオイル、そしてココナッツオイルです。
オリーブオイルはスキンケアの際に使えるオイルとしても有効活用することが可能であり、様々なメリットがあります。

また、ココナッツオイルは優れた浸透性とアンチエイジング効果、高い保湿力など美容面でも様々な利点があるので、念の為に購入しておくのも一考の余地があるでしょう。

手ぬぐいは意外とメイクを落とすのに役立つ!

クレンジングの代用品として、手ぬぐいが意外と役に立ちます。

「そんなものでメイクを落としたら肌を傷つけちゃうんじゃ……」

などと思われるかもしれませんが、ご安心ください。
手ぬぐいは基本的に繊維が細かい為、メイクを落とす際に肌を傷つけることなく汚れや古い角質などを取り除いてくれます。

洗い上がりもツルツルになるので、乾燥する心配も不要です。

さすがに濃いメイクまでは落とすことが出来ませんが、基本的なメイクは落とせるので試してみましょう。

万能の代用品であるワセリン!何かデメリットはある?

もしもクレンジングが手元になかった時、ワセリンで代用出来ることをご存知でしょうか?
ワセリンは肌を保湿、保護するものとしてクレンジングの際に非常に役立つものであり、どんな時にでも使っていける万能の代用品です。

しかし、ワセリンにもデメリットはあるので注意しましょう。

ワセリンのメリット

ワセリンには様々なメリットがあります。
そのメリットとして挙げられるのが、

・敏感肌でも使える

・保湿効果が高い

以上の2つです。
特に便利なのは、敏感肌でも使えるということです。

通常のクレンジングだと敏感肌の人は商品を選ばなければなりませんが、ワセリンは純度が高いものほど安全性が高い為、肌が敏感でも安心して使えます。

また、ワセリンは肌に油分の膜を張るという性質上、乾燥する心配がありません。
しっかりと保湿してくれるので、誤って余分な皮脂までも洗い流してしまうクレンジングよりも大きな保湿効果が期待出来ます。

ワセリンのデメリット

しかし、その分デメリットもあるので注意しましょう。

・劣化する

・慣れないうちは使いづらく、落ちにくい

ワセリンには基本的に劣化を防ぐ為の防腐剤などが入っていない為、クレンジングと比べると劣化するのが早いです。

また、伸びにくい、ワセリンのクレンジングに時間がかかる、落ちにくいといった使いづらさも非常にネックです。
余計なものが一切含まれていないのは一つのメリットですが、同時に水で洗い流すのは困難だと言えます。

ワセリン自体が固いので非常に伸びが悪く、使い慣れないと他のもので代用した方が早いという見解に至ってしまうこともしばしばあるでしょう。

それでも緊急時の代用品としては大きな効果を持っているので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

さいごに

メイク落としならクレンジング剤が最適ですが、ついうっかりして手元に残っていなかった場合もあるかもしれません。

そんな時に代用出来るものがあれば、非常に助かること間違いなしでしょう。
クレンジングが手元になかった時の為に、いくつか常備しておいた方が安心出来ますね。

-クレンジングの知識
-,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.