クレンジングのおすすめ商品

拭き取りクレンジングは肌に悪いの?おすすめをランキングで紹介

投稿日:

 

あなたは通常のクレンジングではなく、拭き取りクレンジングという方法を試したことがありますか?

拭き取りクレンジングは通常のクレンジングと違い、ただ表面を拭き取ってメイクを落とすだけの簡単なクレンジングなので手間がかかりません。

誰でも出来る簡単な方法なので時短クレンジングとして大いに役立つ方法であり、様々なメリットがあります。

しかし、その反面デメリットがあることも知っておかないと、思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があるでしょう。

そこで、今回は拭き取りクレンジングのメリットやデメリット、おすすめの商品をご紹介します。

忙しい人用にランキングを先に掲載します。

1位

2位

3位

それではどうぞ。

拭き取りクレンジングとは?

拭き取りクレンジングとはその名の通り、クレンジング剤をシートやコットンに染み込ませてから拭き取る方法であり、非常に便利な方法として重宝します。

様々な特徴やメリットがある反面、デメリットもあるので注意しましょう。

拭き取りクレンジングの特徴

拭き取りクレンジングには大きく分けて既にシートにクレンジング剤が染み込ませているタイプと、自分でコットンに染み込ませるタイプの2種類があります。

また、基本的に拭き取りクレンジングは総じて油分が少ない傾向にあり、ほとんどがオイルフリーなので肌に油分が残る心配がありません。

本来、メイクには油分が多く含まれているのでオイルフリーでしっかりと落とせるのか疑問に思われるかもしれませんが、その代わりに界面活性剤が多く配合されているのが大きな特徴です。

つまり、拭き取るだけでメイクが簡単に落とせるのは多く配合されている界面活性剤の力によるものなのです。

拭き取りクレンジングのメリット!

基本的に無理に拭き取りクレンジングを行わなくても、他のクレンジングを行っても大差はないでしょう。

しかし、他のクレンジングにはないようなメリットがあります。
主なメリットとして、

・時短クレンジングが出来る

・保湿が同時に出来る

・場所を選ばない

以上のメリットが挙げられます。

特に時短クレンジングが出来るのは大きなメリットであり、いかに早くしっかりとクレンジングが終わらせられるかどうかは肌に負担をかけない為に重要なことです。

すぐにクレンジングが出来ることから面倒なメイク落としを少しでも早く終わらせたい時や、メイク直しをしたい時に今のメイクを早々に落としたい時など、あらゆる面で使いやすいと言えるでしょう。

また、場所を選ばないのも他のクレンジングにはないメリットです。

通常のクレンジングであれば洗面台の前でクレンジングをしっかりと行い、すすぎ洗いを行う必要がありますが、移動中や仕事中などの場合だと場所を取るようなことや時間を取られるようなことは出来ません。

まとまった時間があってこそのクレンジングだと言えますが、拭き取りクレンジングは全く違います。
単にクレンジング剤が染み込んだシートで顔を拭き取るだけでメイク落としが出来ますし、その上持ち運びに便利なので場所や時間を問わないのがありがたいメリットだと言えます。

さらに、拭き取るだけで保湿が出来るのも嬉しい限りです、

拭き取り用に使われているクレンジング剤やシートには多くの保湿成分が含まれています。
普通のクレンジングならメイクを落とした後にすすぎ洗いを行い、その後に保湿ケアを行うという一手間が必要でした。

しかし、拭き取りクレンジングなら既に保湿成分が含まれている為、クレンジングと洗顔、保湿ケアを同時に行えるのです。

拭き取りクレンジングのデメリット

拭き取りクレンジングには他のクレンジングにはない魅力的なメリットがありますが、少なからず気を付けておきたいデメリットがあります。

調子に乗って使い続けていると、いつの間にか肌トラブルに見舞われる恐れがあるでしょう。

まず、気を付けておきたいデメリットとして挙げられるのが、

・肌を擦らなければならない

・刺激が強い

以上の2つです。
特に気を付けておきたいのは、シートやコットンでメイクを拭き取るという性質上、どうしても肌を擦らなければならないということです。

他のクレンジングであれば、あまり肌を擦らなくてもメイクがするすると落ちる種類がありますが、拭き取りクレンジングの場合だとメイクを拭き取る以外に方法はありません。

よって多かれ少なかれ肌に摩擦を与えることになります。
便利だからといって力加減に注意しないと肌をどんどん摩擦してしまい、ダメージを蓄積させて乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしかねません。

また、上記で説明した通り、拭き取りクレンジングには多くの界面活性剤が含まれています。

この界面活性剤は効率良くメイクを落とすのに欠かせない成分ではありますが、多く配合されているほど肌に大きな負担をかけることになります。

負担がかかった肌は様々な肌トラブルの元になってしまい、さらに肌に必要な潤いや皮脂までも洗い流してしまう恐れがあるでしょう。

潤いや皮脂が失われた肌はバリア機能が低下してしまい、同様に肌トラブルを引き起こす原因となります。

拭き取りクレンジングの使い方!

メリットやデメリットが分かったところで、拭き取りクレンジングの使い方をご紹介します。

上手に使いこなすことが出来れば、デメリットによる被害を可能な限り少なくすることが出来るでしょう。

基本は優しく擦る!

拭き取りクレンジングを行う上での基本は、決して肌を強く擦ってはいけないということです。
肌を擦ってしまった時点で負担をかけてしまっているので、肌を傷つけてしまいます。

コットンにクレンジングを染み込ませるタイプの場合、柔らかいコットンを選んでたっぷりとクレンジング剤を染み込ませましょう。

染み込ませる量が少ないとメイク落としの効率が悪くなり、肌を擦る回数が増えてしまうので必ずたっぷりと染み込ませるのがポイントです。

次にクレンジング剤を染み込ませたコットンやシートを使用する時、基本は優しく肌を擦ることが大切です。
撫でるように優しく擦るようにすれば、可能な限り肌への負担を抑えながらメイクを落とすことが出来ます。

濃いメイクを落とす場合はシートやコットンを5秒ほど当ててクレンジング剤を染み込ませてから拭き取るのがポイントです。

出来る限り負担をかけたくないのであれば、落としにくいメイクを先に落としておくとサッと拭き取りクレンジングが済ませられるので便利です。

拭き取りクレンジングを使う時の注意点

まず気を付けておきたいのは、

・強く擦らない

・本当に必要な時にだけ使う

・洗顔が必要なくても、油分が含まれている場合は洗顔や保湿を行う

・しっかりと保存すること

以上の4つです。
当然クレンジングを行う際に肌を強く擦ってしまうと肌に大きな負担を与えてしまい、何らかの肌トラブルが発生する可能性があります。

また、拭き取りクレンジングは基本的に洗浄力が強いことから肌に与える負担を蓄積させやすいので、常用は基本的にNGです。
時間がない時など、本当に必要なときにだけクレンジングを行うようにしましょう。

拭き取りクレンジングの種類の中には油分が含まれているものもあります。
それを使う場合は肌に油分を残さないようにクレンジングを行った後、しっかりと洗顔をしてから保湿ケアを行ってください。

特に保存場所には注意しましょう。
シートタイプは開封したらすぐに使い切らないと、カビが発生して使いものにならなくなります。

夏場は特にカビが発生しやすいので、涼しい場所で保存しながら早めに使い切りましょう。

おすすめの拭き取りクレンジングをランキング形式でご紹介!

ここで、おすすめの拭き取りクレンジングをご紹介していきます。

是非とも参考にして使ってみてはいかがでしょうか。

1位:【ビオデルマ】サンシビオ エイチツーオー D 500ml

特徴

この拭き取りクレンジングの最大の特徴は、敏感肌でも肌を労わりつつクレンジングが出来ることです。

肌が敏感で通常のクレンジングを使うと肌がヒリヒリしたり赤みが出たりする人でも、安心して使えます。

また、サラサラとしたローションタイプでありながら、アイメイクなどの濃いメイクまでもするっと落とせます。

おすすめのポイント

肌に刺激を与えるような余計な添加物が含まれておらず、クレンジング後もしっかりと保湿してくれるので洗顔が必要ありません。

濃いメイクまでも落とせる為、時短クレンジングにも適しています。

どんな人におすすめ出来る?

出来る限り肌に負担をかけたくない人や、他の拭き取りクレンジングでは肌がヒリヒリするような敏感肌の人におすすめ出来ます。

詳しくはこちらをどうぞ。

【ビオデルマ】サンシビオ エイチツーオー D 500ml [並行輸入品]

新品価格
¥1,460から
(2017/7/31 09:08時点)

2位:ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ 46枚

特徴

この拭き取りクレンジングの特徴は、化粧水に使われている保湿成分を多く配合していることです。

洗顔が不要であり、クレンジング後の肌の潤いもバッチリ保ってくれます。
優れた持ち運びやすさもポイントであり、いつでもどこでもクレンジングが出来る魅力があります。

おすすめのポイント

特におすすめ出来るのは、まるで化粧水を塗っているような感覚で使用出来ることであり、使うたびに透明感のある肌にすることが可能です。

単にメイクを落とすだけでなく、毛穴に溜まった古い角質までも落とせるのでくすみに悩むことなく明るい肌へと変えられます。

どんな人におすすめ出来る?

くすみで悩んでいる人や、もっと手軽に明るい肌にしたい人などにおすすめ出来ます。

詳しくはこちらになります。

ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ 46枚

新品価格
¥357から
(2017/7/31 09:20時点)

3位:ダヴ ふきとり水クレンジング 235ml

特徴

濃いメイクまでは落とせずとも基本的なメイクをするっと落とす洗浄力や、毛穴に入り込んでしまったメイクや皮脂汚れまでも拭き取れるのが大きな特徴です。

化粧水に使われている保湿成分も含まれていることから、メイクを落とした後の肌の角質層にしっかりと浸透していきます。

おすすめのポイント

界面活性剤が含まれているといっても可能な限り配合量が抑えられているので肌に優しく、クレンジング後もべたつきません。

数回優しく拭き取っていくだけで簡単にメイクが落とせるので、時短クレンジングとして申し分ありません。

どんな人におすすめ出来る?

とにかく面倒なクレンジングをサッと終わらせたい人におすすめ出来ます。

朝の拭き取りケアとしても使えるので、その後のケアがしっかりと出来るでしょう。

詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

ダヴ ふきとり水クレンジング 235ml

新品価格
¥504から
(2017/7/31 09:27時点)

さいごに

拭き取りクレンジングは数あるクレンジングの方法の中でも特に便利な方法なので、仕事で忙しい人や帰宅後の面倒なクレンジングをサッと済ませたい人におすすめ出来ます。

拭き取りクレンジングにも注意点が多くあるので、正しく使っていかないと肌トラブルを引き起こす可能性があることを忘れないようにしましょうね。

最後にランキングを再掲載します。

1位

2位

3位

-クレンジングのおすすめ商品
-, , ,

Copyright© 今売れてる30代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.